ひざサポートコラーゲンには、有効成分のコラーゲンのほかにも2つの成分が配合されています。

コラーゲンだけでは効かないのではなく、膝軟骨の成分にはもともと3つが備わっているからです。

ご説明しましょう。

■血管が1本も通っていない軟骨の重要成分。

ひざサポートコラーゲンには、コラーゲンのほかに、ヒアルロン酸やコンドロイチンといういま話題の成分も含まれています。

膝の屈伸には軟骨が重要な役割を担っていますが、その軟骨には血管が1本も通っておらず、ほぼこの3つの成分だけで柔軟性を保っています。

専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、膝の屈伸を助けるには、この3つの成分を同時に送り込んだほうが効果的であることは明らかです。

■ヒアルロン酸とコンドロイチンは40代で半減。

ヒアルロン酸とは、納豆やヨーグルトのような発酵を促す手法を使って生成したもので、わかりやすく言うとネバネバ成分です。

コンドロイチンは、軟骨の重量の3割を占める成分で水分や潤いを保つ役割をもっています。

40才を境に減少していくもので、コラーゲンと同様に外から補ってやる必要があります。

いずれも40才代・50才で半減してしまうため、外から補ってやる必要があります。

3つは互いに補完し合って、相乗効果で膝関節を快適に保っている成分です。

■他にも不足している成分がわかっているのなら、一緒に補ってやるのが効率的。

コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンは、3種でワンセットと考えましょう。

ひざサポートコラーゲンに入っている有効成分のコラーゲンは、潤滑油のような働きをしてくれるたんぱく質の一種です。

「コラーゲンだけで膝の屈伸力を改善させるのは不十分なのか」という疑問もありますが、他にも不足している成分がわかっているのなら、一緒に補ってやるのが効率的です。

3つの成分が軟骨にとって不可欠な存在であることは確かです。