ひざサポートコラーゲンに含まれるペプチドコラーゲンは、ある年齢を境に激減します。

他に含有するヒアルロン酸やコンドロイチンを含め摂取の適齢期を考えてみましょう。

■膝関節のスムーズ化を加速させる成分トリオ。

ひざサポートコラーゲンには、コラーゲンの他に、ヒアルロン酸、コンドロイチンという有効成分が入っています。

ひざサポートコラーゲンのメーカーによると、「コラーゲン以外の後の2つは機能性表示食品であることと関係ない」とは言っていますが、膝関節はこの3つの成分が補完し合って、適度な柔軟性が保たれています。

コラーゲンは膝関節など身体全体の潤滑油的働き。

ヒアルロン酸はネバネバ成分のようなもので軟骨の柔軟性を保つ働き、コンドロイチンは水分や潤いをキープする働きです。

■ひざサポートコラーゲンの適齢期は40才から。

ひざサポートコラーゲンのコラーゲンと、ヒアルロン酸、コンドロイチンの3つは互いに補完し合って相乗効果を生み出します。

そしてこの3つの共通点は、いずれも40-50才代で、20才の若き頃と比較して絶対量が半分に減ってしまうということです。

コラーゲンの減少は50代ですが、ヒアルロン酸とコンドロイチンは、一足早く40代で半減してしまいます。

したがって、あえて“ひざサポートコラーゲンの利用適齢期”を言うなら、40代からです。

コーヒーやオレンジジュース、味噌汁やスープなど何にでも入れられますので、特別な決心は必要ありません。

■ひざサポートコラーゲンの適齢期は40才からですが、医師からたんぱく質の摂取制限を受けている人は、先生の指示にしたがってください。

コラーゲンはたんぱく質の一種なので、過剰に摂取すると肥満の原因になったり、尿路結石を発症したりするリスクがあります。

▼体重は膝にも影響します>>【健百】膝痛を考えたら体重増加はここまで! 欧米研究を検討 | あなたの健康百科

とくに医師から注意を受けている人はその指示にしたがってください。

ひざサポートコラーゲンの減量や取りやめといったことも大事です。